--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-11

豪ドル、NZドルの急落なぜ?

 CFTCポジションを更新していましたが、今週初め急落した豪ドルNZドルのポジションに大きな変化はありませんでした。
 豪ドルは、9月30日は14,347枚のショート、10月7日は8,347枚のショートで、前週比6,000枚のショートが減少しています。
 NZドルは、9月30日は4,781枚のショート、10月7日は4,478枚のショートで、前週比303枚のショートが減少しています。

 10月6日、豪ドルは一日で11円程度、NZドルは一日で8円程度急落しています。

 何が引き金になったのでしょうか。
 10月6日は早朝から円全面高でスタートし14時までに豪ドルは5円、NZドルは4円落ちており、その後真夜中の0時に、豪ドルは75.74円から1時間で71.17円まで急落、NZドルは65.85円から62.94円まで急落しています。
 くりっく365の買いポジションの状況の方は、
 豪ドルは、10月3日は84,335枚、10月6日には53,482枚と3万枚程度縮小しています。
 NZドルは、10月3日は98,359枚、10月6日には69,087枚と3万枚程度縮小しています。

 これらの状況から、10月6日オセアニア・アジア市場で円全面高が進んだ後、ニューヨーク市場で豪ドル75円、NZドル65円にストップロスが多くあり、そこを試されると一気に下落を加速させたように思われます。また、長期的に見てみると、豪ドルは80円割れが2005年以来で75円割れは2004年以来、NZドルは70円割れは2006年以来で65円割れは2003年以来といったことも大きく影響しているようにも思えます。

 大暴落といった状況の中で、底値はいくらになるのか良く見ていきたいところです。


にほんブログ村 為替ブログへ





  
スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
genre : 株式・投資・マネー

2008-10-08

豪ドルは60円を割るのか

 1995年以降のデータでは、今までにない暴落です。いつかのポンドのようにどこかのヘッジファンドが集中砲火を浴びせているかのような感じです。
 ここ1週間で、85円から63円まで20円(率にして26%)を超える暴落をしています。ここ3ヶ月では、104円から63円まで40円(率にして39%)を超える暴落をしています。月足をみたら驚きです。
 1995年以降の底値を調べてみると、1995年5月に60円をつけその時の政策金利は6.75%、2000年10月には55円をつけその時の政策金利は6%でした。1990年以降の政策金利のデータでは4%(2002年代)を割ったことがありません。
 今日は63円をつけ政策金利は6%です。今後の底値はいくらになるのか分かりませんが、買い頃が近づきつつあるといった見方も多少考える部分もあります。ただ、戦後最大の世界に広まっている金融危機なので何があるか分からないとういう疑心暗鬼もあるので、なかなか手を出しづらいと考える部分もあります。

 底試しが何度かでてきたら、狙ってみたいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ


theme : FX・くりっく365 成績公開日記
genre : 株式・投資・マネー

2008-06-08

豪ドル円どこまで上昇する?

 豪ドル円は、先週今年の最高値を更新し102.03円をつけました。果たしてどこまで上昇するのか、1995年~2007年の上昇下落率平均を使ってみると、106.70円となります。昨年の107.86円までは届きませんが、利下げ示唆の発言は今のところないため届くかもしれませんね。米ドル=豪ドルもありえるかもしれませんね。


にほんブログ村 為替ブログへ

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。